Link

ファスティング断食プログラム

腸内美容で腸美人(超美人)ファスティング断食プログラム ファスティング断食プログラム 〜あなたの内蔵は休んだことがありますか?〜  こんな方にお勧めします。いろいろなダイエットで効果がなかった方 デトックス(=体内浄化・解毒)したい方 肩こり・腰痛などでお悩みの方 何だか毎日頭がすっきりせず疲れる方 爽快感と充実感を得たい方
ファスティングとは、体重を落とすだけでなく、体をリセットするためのダイエットです。
消化機能を休ませるためにファスティングジュースを飲み、
消化に使われていたエネルギーを新しい組織づくりに活用します。
ファスティングとは 「自分は健康だ」
そう考えている30代、40代の方が突然病院に担ぎ込まれる例が、年々増加しています。この危機的状況の原因の1つは、健康に関する知識の不足です。
現代医学では「病気になってから対処する」という考え方をしています。しかしそれに対して、「病気の卵(体に一番最初に起こる変化)から対処する」という考え方があるのも事実です。
真の健康に必要な考え方はどちらでしょうか?
病気の卵(体に一番最初に起こる変化)は細胞の小さな変化です。この変化が小さいときに細胞のリセットをすることが、真の健康を手にいれ「病気や虚弱でないことにとどまらず活力に満ち溢れた生活を日々送る」ために必要だと言えるでしょう。

ファスティング断食プログラムとは食事の代わりにファスティングジュースを飲用する、体のリセットのことです。必要な栄養素をジュースで摂取できるため、断食と違って安心できます。ファスティング断食プログラムの基本は3日間ですが、1日ファスティングや半日ファスティングも可能です。ちょっと自信がない方、忙しい方でも、気軽に始めることができるでしょう。
ファスティングには断食という意味もありますが、体の胃や腸などの消化器官を休ませてあげるという意味もあります。飽食の日本では消化器官を休ませてあげている人は少ないでしょう。とくに現代人は有害な物質も溜まりがちです。3日間、食べ物を食べないで消化活動をやめると、臓器が休まり回復によいとされています。
おすすめ!ファスティング断食プログラム チャレンジ! 3日間ファスティング断食プログラム 1.準備期間1日間 食事は胃腸に負担のかからないものにしてファスティングに備えてください。(推奨の食材)ごはん(玄米、雑穀米)、そば、白身魚、大豆食品、野菜、果物など。(控える食材)脂の多い魚・肉、加工食品、揚げ物、アルコール、お菓子など 酵素玄米黒テンペ粥がおすすめ 2.ファスティング断食3日間 ファスティングジュース「ファストザイム、ファストザイムプレミアム」を朝・昼・夕の3回に分けて摂取下さい。お好みにより水で薄めてもOKです。※回数は何回に分けて頂いてもかまいません。水分は水、糖分のないお茶を1.5〜2リットル摂取下さい。またアメやガム、タバコは厳禁です。ファストザイムまたはファストザイムプレミアムとミューバナディスがおすすめ 3.復食期間3日間 取り戻した解毒・免疫システム・体重を維持するために食事はヘルシーに! 朝はフルーツを中心に 昼はお粥を中心に 夜はお肉を控えめに 酵素玄米黒テンペ粥がおすすめ ※前後の食事も非常に重要になってきます。※半年から1年に1回くらいのペースで行って下さい。もちろん期間を空けなくても構いません。 忙しいあなたに!毎日続けよう! 半日ファスティング断食プログラム 1.朝食断食 朝食をファスティングジュース「ファストザイム、ファストザイムプレミアム」にする。水分は水、糖分のないお茶をたくさん摂取下さい。 2.昼食復食 昼食はフルーツ・野菜を中心に!お粥など胃腸に負担がかからないもの。お肉は控えましょう。 3.夕食復食 夕食はフルーツ・野菜を中心に!お粥など胃腸に負担がかからないもの。お肉は控えましょう。 ※半日ファスティングは毎日行っても効果的です。前日の夕食が18時で当日の昼食が12時だった場合、胃腸は18時間も休息できたことになりますので、十分効果が期待出来ます。 カラダのサイクル ファスティング10の効果 ファスティングで得られる10の効果 消化を休め代謝を高めるファスティング ファスティングQ&A ファスティングQ&A